大人ニキビは、それは、ひとりの女性の涙から始まった。

相澤皮フ科クリニック院長 相澤浩ドクター

ある日、肌の悩みを抱えて訪れたひとりの女性。

彼女の流した涙から、その長きにわたる研究活動は始まりました。

もともと、産婦人科専門医であった開発者が、女性の肌と健康の関係に のめりこむきっかけとなったのは 「妊娠後期になると、妊婦の肌が美しくなる」という事実との出会い。

なぜ?…その疑問を長年にわたり追求した結果、 彼はこれまで誰一人気づかなかったひとつの答えにたどり着くことになります。

その研究成果を、注ぎ込んで生まれのが「HIN アクネスラボ化粧品シリーズ」。

やがて、苦悩に満ちていた彼女の涙は、一転、感動の涙に変わる。

以来、肌の健康のメカニズムの解明に情熱を傾けつづけながら、 すべての女性に健康な肌を手に入れていただくため、 常に新たな製品ラインアップを世に送り出しています。

一人でも多くの女性に、健康的な肌を手に入れていただくために。

いま、このページをご覧になっている方の中には、 おとなの女性ならではの肌の悩みを、実際に抱えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

雑誌や本を買ったり、ネットで調べたり、人に聞いたり…。
考えられる限りの方法を試してはもたものの、それでも…。
そんなあなたが、悩みから解放されるために訪れる、最後のサイトにしたい。

私たちはこのホームページを、そんな思いで開設しました。

ここでご紹介しているHIN アクネスラボ化粧品は、開発者の長年にわたる研究と そこから得た肌の健康への深い洞察に基づいて開発されています。

既に多くの方が実際に試し、ご満足の声をいただけているのは、 おとなの肌のトラブルを根本の原因から見つめ、様々な工夫が凝らされているから。

他にも世の中には様々な対処法が紹介されていますが、 その多くが根本の原因には触れていません。

もちろん思春期の肌トラブルともメカニズムが違いますから、同じケアでは難しい。
つまり、女性の肌の健康には、しっかりとした「しくみ」があるのです。

どうして大人ニキビが出来るのか? ホルモンとニキビの関係

大人ニキビにはストレスが大きく関係しています。

女性の場合、ストレスがたまると男性ホルモンの分泌が増加します。実は、この男性ホルモンの増加が、ニキビと非常に密接に関わっているのです。

男性ホルモンには皮脂の分泌を増進させる作用と、毛穴を塞いでしまうという2つの作用があり、これが増えると皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こしやすくなる・・・これがニキビの正体と考えます。生理前になるとニキビがひどくなるのも、ホルモンバランスの異常が原因。

つまり、「大人ニキビ」はホルモンバランスが崩れることで引き起こされるのです。ではどうすればいいか? 簡単なことで、毛穴の出口を開いて皮脂を出せばいい。そのために有効なのが、男性ホルモンと逆の作用を持つ女性ホルモンの存在なのです。

このことに気がついたのは、試行錯誤の中で女性ホルモン剤やピルをニキビの患者さんに飲んでもらったときでした。皮脂量が減っていないのに、白にきび(コメド)が減っていることをまのあたりにした時です。

“そうだ!女性ホルモンが毛孔を開かせているんだ!!”と……。

バリアー機能低下にも女性ホルモンが関係しています。血中女性ホルモンの多い妊娠末期の角質水分量の多い女性の肌をみても明らかです。

「大人ニキビに悩む女性を救いたい」

皮膚科医として、慈恵医大も含め延べ「30万人近くもの患者さまの治療を通して蓄積した、膨大な臨床データ」。これが私の治療のベースになっています。

これら科学的根拠と、「自宅でも治療に限りなく近いケアをしたい」というクリニックでの治療を終えた患者さまの声。そして「大人ニキビに悩む女性を救いたい」という思い。

この3つの集大成がこのホームページでご紹介している「HINアクネスラボ化粧品」です。

ページトップへ戻る